どうして口周りだけこんなに乾燥するの?

空気が乾燥している冬、口周りが特に乾燥しちゃって、ガサガサ…。白く粉を吹いた状態で化粧もキレイにのらない…。

いつもどおりの基礎化粧品だけではとてもじゃないけど、肌が潤わない…。
そこで応急処置としてワセリンやオイルなどを塗っている人多いですよね。

 

顔の印象は口元で変わると言われるほど年齢などが現れやすい場所です。
口周りの皮膚はまぶたに次いで薄く、もともと潤い成分の分泌が薄いゾーンでもあります。
しかも、動きが多く、物を食べたり飲んだりするので刺激が多いのも乾燥してしまう原因に。

 

口周りの乾燥には2種類のタイプがあります。

 

生活習慣によるもの

 

洗いすぎなどで必要以上に潤い成分を落としてしまうことが考えられます。
落ちにくい口紅を洗浄力の強いクレンジングを使ってゴシゴシしてしまうのも避けましょう。

 

皮膚疾患によるもの

 

口周りにのみ症状が現れるアトピー性皮膚炎もあります。
極度に乾燥し粉を吹いた状態で、かゆみがあったら疑ってみたほうが良いかもしれません。

 

 

 

口周りの乾燥は保湿化粧水でバリア機能を強化!

改善するには「バリア機能の強化」を徹底すること。

乾燥してしまっている肌は、肌のバリア機能がダウンしています。
バリア機能が一度壊れてしまうと、それを修復するために肌の奥で急いで細胞が作られます。
でも急いで作られた分、不完全な細胞なので形も大きさもバラバラで未熟。
細胞と細胞の間は隙間だらけでスカスカです。
水分を貯めこんで、細胞と細胞をつなぎとめているセラミドなどの保湿成分も流れ出てしまっているので、いくら水分を補っても肌がキープできないんです。

 

バリア機能が働いてないと外的刺激もダイレクトに伝わってしまいますし、水分もどんどん放出されてしまいます。

 

バリア機能を強化するにはまず保湿が重要
特に冬はクリームなどでフタをすることに頼りがちになってしまいますが、基本の水分補給がしっかりできていないと意味がありませんね。
クリーム以前の水分の多い化粧水の見直しをしましょう。

 

保湿用の化粧水、いろいろありますね。
保湿成分として有名なのはヒアルロン酸やコラーゲンですが、なかなか肌の奥に浸透しないのも事実。
肌の表面に留まるだけで、肌の水分キープ力が上がるわけではないんです。

 

肌のキープ力を上げるにはセラミドを補給すること。
セラミドは肌にもともとある成分で、水分をサンドイッチ状に挟み込みます。
その力は強力で湿度が0%になっても蒸発しないのだそう。

 

そしてセラミドが流れてしまわないようにしっかり閉じ込めておくことが重要です。

 

しっかりセラミドが補給できる化粧水をおすすめします。

 

 

 

口周りの乾燥に効く!保湿用化粧水おすすめはコレだ!

セラミド配合の化粧品はいろいろありますが、水分保持力や浸透力には差があります。おすすめは「アヤナス」
【参考:保湿化粧水のサイト】

 

ポーラ、オルビスグループの敏感肌、乾燥肌専用ブランドから出ている商品です。
保湿力がすごく、肌がプルプルに潤うと口コミでも高評価なんですよ。

 

ヒト型セラミドが肌の奥まで浸透

セラミドの中でも人の肌にあるセラミドと同じ型のセラミドを配合。
それをさらに小さくして浸透しやすいように加工してあります。
肌が美容成分を弾き返さないように工夫もされているので肌へ染みこむのを実感できます。

 

有効成分をしっかり閉じ込める

ポーラ独自の成分が肌の表面に留まって肌内部の水分や美容成分が蒸発してしまうのを防ぎます。
その間に角質層がしっかり育つ土壌が出来上がり、バリア機能が回復していきます。

 

敏感肌、乾燥肌専用ブランドの化粧水

ガサガサしている肌は角質細胞がめくれ上がってしまって、刺激に敏感な状態でもあります。
アヤナスは敏感肌、乾燥肌専用のブランドで低刺激、安全性も◎。どんな状態の肌でも安心して使用できます。 >>敏感肌ケアに抜群の効果

 

アヤナスはトライアルセットがあるのも嬉しいですね。
まずはお試しを。

 

          年齢が出やすい口周りの乾燥を化粧水で改善!

 


もうこのシミ消えない・・と諦める前に!
できてしまったシミ